海洋化学研究

本財団の機関誌です.年2回発行.定価1,300円.

海洋化学研究投稿案内

海洋化学研究総目次

バックナンバーをご希望の方は,財団事務所までお問い合わせください.

 

生命の惑星: ビッグバンから人類までの地球の進化

チャールズ・H. ラングミューアー (著), ウォリー ブロッカー (著), Charles H. Langmuir (原著), Wally Broecker (原著), 宗林 由樹 (翻訳) 720ページ,京都大学学術出版会 (2014/12).定価6,200円.

さまざまな生命を育む地球は,どのようにして生まれ,現在のような豊かな環境を作り出したのだろうか?
地球と同じような「生命の惑星」は他にも存在するのだろうか?
本書は,ビッグバンによる宇宙の創生から,太陽系の誕生,地球の進化,人類文明の台頭に至るまでの137億年の地球の歩みを辿る壮大な物語である.また,この物語を明らかにするために科学者たちがいかに考えて理論を組み立てたか,またその理論はどれほど信頼できるのかを,予備知識のない読者にも理解できるよう丁寧に解説する.
ダークエネルギーやスノーボールアース仮説,太陽系外惑星など,近年急激に理解が進んだ話題まで網羅されており,現代宇宙科学の入門書としても最適な一冊.

海と湖の化学−微量元素で探る

藤永 太一郎 (監修), 宗林 由樹 (編集), 一色 健司 (編集),560ページ,京都大学学術出版会 (2005/04).定価4,200円.

京都大学における海洋化学研究の歴史と成果を結集した教科書.海洋化学,陸水化学,地球化学および分析化学の基礎的な内容を盛り込み,研究の背景と展望を明らかにする.地球環境を考える学生,研究者,実務者必携.

2005年 海洋化学学術出版石橋褒賞
2006年 高知出版学術賞